最近、酵素系のダイエットサプリメントが流行っていますが、こうじ酵素を飲んでも実際に痩せるとは限りません。

こうじ酵素を買う人はだいたい便秘かダイエット目的で購入しますが、販売ページには痩せるなんてひとことも書いてないし、便秘改善についても触れてません。

つまり、実際に効果があるかは微妙ってことです。

こうじ酵素は効果ない?

口コミを見る限りでは、定期購入で買ったのはいいものの大半の人は何の変化も実感できなかったと炎上気味です。

メーカー側の主張としてはこの手のサプリは体質によるので、最低でも3ヵ月は使わないと分からないといっているようです。

これはただ単純に3ヵ月分のこうじ酵素を売りたいだけで、効くかどうかはメーカー側も実のところ分かっていないのではないでしょうか。

あなたもこうじ酵素を飲んでみようか検討しているのなら、あなたの体質に合わない可能性は低くない事を踏まえて購入したほうがいいでしょう。

こうじ酵素の満足度と実際の口コミが矛盾してる

メーカーの広告によると、こうじ酵素を使ったお客さんの92%は満足していると回答したようです。

しかし、ネットでの口コミを見ていると実際に購入した人の満足度は決して高くなく、メーカーが発表した調査結果とは大きく異なることがわかります。

Amazonの口コミでは5段階評価の2.1、ダイエットカフェでの口コミは5段階評価の2.4です。

2つのサイトで違う人が書き込んだにも関わらず評価が2程と近いということは、メーカーの調査結果よりもこちらの方が真実に近い評価なのだと思います。

正直メーカーが発表したとなると、どのようなアンケートに答えたか?とかどういう風にアンケートを集計したのかなどにより簡単に操作出来てしまいます。

こうじ酵素は無料モニターと思ったら危険

広告ページの一番うえにでかでかと書かれている無料の文字。

試供品でもくれるのかな?と誤解する人は少なくないはずです。

この無料モニターは受け取るには注意深く読まないと気付かない条件が隠されていて、無料でもらえるからとすぐに申し込んでしまうのは危険です。

というのも、この初回無料のこうじ酵素を受け取るには強制的に定期コースに加入されてしまうのです。

ここまでは良くある話なのですが、問題は定期コースに入った後です。

広告ページの申し込む直前の注意書きに「4回目以降はいつでも中止できる」とあります。

つまり、定期コースに入ったあとの1~3カ月目は中止することが出来ずに初月はタダでも3ヵ月分のこうじ酵素の代金は支払わなければならないということです。

なので、3×2,640円の7,920円は無料モニターに入った瞬間から支払わなければならなくなります。

このような縛りがあることはもうちょっと詳しく説明してもらわないと誤解して申し込んでしまう人が出てきてしまうのではないでしょうか?

意図的に気づかせないようにしているのかどうなのかは分かりませんが、これではあまりに不親切です。

あとあとのトラブルに繋がらせないためにも、4か月間の縛りがあることはきちんと確認してから申し込むようしてください。

こうじ酵素はAmazon・楽天でも売られている

こうじ酵素を飲んでみたいというのであれば、楽天・Amazonで購入することをおすすめします。

公式サイトでは初回だけ無料でもらえますが、定期コースに強制加入されてしまうので結局は7,920円かかってしまいま。

Amazon・楽天なら単品で買うことが出来るので、3,850円の出費ですみます。

私はこうじ酵素を推奨していないのでリンクは貼りません。

気になる人はAmazon・楽天で検索して調べてみてください。

こうじ酵素は解約しづらい

こうじ酵素の販売ページには「中止・解約はお電話にて承っております」と記載されています。

定期コースを解約する時にはメールではなく、電話でしか対応していないそうです。

これにはかなり疑問が残ります。

お客としても、メーカー側としてもメールで対応したほうがスムーズにやり取り出来るのは明白です。

電話だと一人ひとりに対応しなければならないのに対して、メールだとリアルタイムで対応する必要がないのでお客が電話口で待たされることなくスムーズに手続きできるはずです。

なのに、対応する窓口を電話ひとつに絞るということは、解約するお客をなんとか引きとめる仕事がカスタマーサポートなのかもしれません。

そうなのだとしたら、本当に効果があるのか分からないような酵素サプリの効果を説得しないといけないのは大変なのではないでしょうか。

ネットでの口コミのよると、効果がないから解約したいと申し出ると「3ヵ月は続けないと効果が出ない」と説明されるようです。

遠回しに引き止めているような気はしますが、それでも止めたいと言うと無理に引き止めるようなことはしないらしいです。

ただ、こちらの口コミにあるようにタイミングによっては電話が繋がりにくいことがあるようでカスタマーサポートが対応に追いついてないように思えます。

こうじ酵素は痩せない?

こうじ酵素に限らずこのタイプの酵素サプリメントの特徴として「具体的にどんな効果があるのかがわからない」とい点があげられます。

実際に効果があるかと聞かれると???な部分ばっかりですからね。

基礎代謝が上がって痩せやすくなるのか、便秘が改善されるのかをはっきりと書いていないので、具体的にどんな効果があるのかが不透明になっています。

販売ページに書いてあることもあいまいな表現になっています。

・こうじでシュッとして毎日笑顔

・規則正しい生活を

・いつまでもキレイでいたい女性におすすめ

こうじ酵素は医薬品ではないので効果効能を表記するわけにはいかないのでしょうが、何か自信をもって言えるような目立った効果はないということなのでしょうか?

よくある質問の欄にもこうじ酵素は他の商品と比べてどのような特徴がありますか?と質問されています。

その回答は「過熱しないで作っているので酵素が壊れていない、野菜の○○分の酵素をとることが出来る」といようななんもともモヤモヤした返事です。

痩せるとか、元気になるとか便秘が治るといったような効果が出るかどうかはメーカー側も自信がないということだと思います。

ただ、こうじ酵素を買う人は大半がダイエット目的で買うわけなのですから、そういった人たちに向けて飲むとどんな変化が出るかをアピールしてもらいたいものです。

こうじ酵素で体内酵素をおぎなえるのか?

歳をとっていくと老化で体の中の酵素の量は減っていってしまうのは事実です。

だから、販売メーカーはこうじ酵素をとって足りない分をおぎないましょうというような事を言っています。

ここにも疑問があって、確かに食べ物を消化・吸収する時には消化酵素が使われるのですが、必要な時に必要な分だけ分泌されるので不足してしまうようなことはほとんどありません。

「体内の酵素の量は限られてる」

これは10代のような若い年代の人にも言えることです。

無尽蔵に酵素を作り出せる人なんているわけないので、「限られている」という表現に嘘偽りは一切ないと思います。

しかし、限られているのと「足りなくなる」のは別問題。

食べ物を消化・吸収するのに体の中にあるすべての酵素を使うわけがありません。

必要な量に応じて分泌される量はコントロールされているわけですから、量を気にする必要はないわけです。

じゃあ、何のために酵素をサプリメントでとる必要があるのか?

そもそも本当に酵素をとる必要があるのかどうなのかすら今の時点では専門家でも意見が別れるところです。

飲んで体調が良くなったと本人が感じるのであれば効いた、そうでなかったら体質に合わなかった…と考えるしかないのが現状です。

ただし、ダイエット目的で購入するのであれば効果はほとんど期待できないでしょう。
購入者の口コミを読めば分かることなのですが、痩せるほどに効果があったという人は見たことがありません。

販売メーカー側が販売サイトでダイエットについて一切触れていないことからも、ダイエット効果に関してはかなり微妙だと思ったほうがいいでしょう。

こうじ酵素は生きている必要はあるのか?

メーカー側が言うには、「老化で減った野酵素を野菜からとるにしても熱を通すと酵素は壊れてしまう、だからこうじ酵素から足りないぶんをとりましょう。」という事を主張しています。

確かに、ビンに入ってるドリンクタイプの酵素は法律で加熱処理をしなければならないので、熱を通した時に酵素が壊れてしまうと言われています。

だから壊れていない酵素をとるには加熱処理してはいけない風に書いてありますが、こうじ酵素は錠剤です。

錠剤を乾燥させる時になんらかの処置はしていないのでしょうか?

そもそも、酵素に関しては今のところ解明されていないことだらけで、専門家の中では酵素は壊れていても効果はあるという人も出てきているくらいです。

最近の研究では生野菜には酵素がかなりの量が含まれているので、生の野菜を食べればそれで十分という意見もあります。

今のところ言えることは、ネットでの口コミサイトでは効果を実感できた人はほとんどいないという事です。

具体的な効果がわからないので、体質に合わなかっただけなのかどうかすら分からない始末。

期待してるだけの効果が得られるかどうかはかなり微妙といったところでしょう。

こうじ酵素には酵素が大量に入ってる?

こうじ酵素には酸性プロテアーゼという消化酵素が入っているらしく、販売メーカーが言うにはキャベツ73個分とる事ができるらしいです。

プロテアーゼというのはたんぱく質を分解する酵素のことなのですが、比較対象としてなぜプロテアーゼを選んだのかを説明する記述はありませんでした。

無数にある消化酵素の中で、ピンポイントでプロテアーゼを選んだのは何か理由があってのことなのでしょうか?

それとも、ただ単にこうじ酵素に多く入っている成分だったから健康に良さそうなイメージを作るためなのでしょうか?