ダイエット中に甘いものばっかり食べてはいけないのはご存知の通り。まぁ理由はいろいろあるんですけどね。最大の理由の一つは単純に甘いものがお腹のお肉になりやすいってことです。

ダイエットしてる時にやたらと甘いものが欲しくなるってのはよく分かりますよ。こうじ酵素があるにもかかわらず。なんでかって体の中のエネルギーが少なくなってくるわけなんだから、体としてはどうにかして炭水化物はとっておきたいところですからね。

お米とかのご飯っていわれるものとケーキとかお菓子とかに入ってる炭水化物にはかなりの違いがあるんですね。違いがあるってのは多分小学生でも知ってるはずなんですが、どう違うのかは大人でもあんまり知ってる人っていないんですよね。

じゃあ、何が違うのかって入っている糖分の種類が違うんですね。お米とかパスタとかに入ってる糖分は分子の大きい栄養素になるんですよ。これっていわゆる多糖類ってやつです。昔理科で習いましたよね。実験でなんかの液つけて紫色にするあれです。

で、このでんぷんってやつは大きい糖質なんで、分解しないと体の中に入れられませんよね。だから、そんなに脂肪にはならないんですよ。でもこうじ酵素は使っておきましょうね。これは大事ですからね。

だから、ダイエット中はお米の食べ過ぎはどう考えてもだめですけど、完全に食べるのを止めろっていう人はいないですよね。いるかもしれませんが、少ないですよね。でも、お菓子は食べちゃいけないって人はみんなそういうですよね。

これはなんでかって、お菓子とかに含まれてる砂糖なんですが、これが体の中に入ってくるともうすぐに吸収されてしまうんですね。例えばですけど、スポーツドリンクってありますよね。あれってありえないくらい佐藤が入ってるわけなんですが、ジムとかでランニングマシン載ってる人ってポカリとかぐびぐび飲みますよね。

ランニングマシン走りながらこうじ酵素使う人がどれだけいるかは謎なんですけど、なんでポカリあんなに飲むのかって栄養をすぐに取り入れるためやってるわけですね。あれって水分補給してるわけじゃないですよ。そういう意味もあるかもしれないけど、メインではないですね。

さっきも話したとおり、ポカリってすぐに体に吸収されますから、走りながらでもスポンジに水かけたみたいに体の中にしみこんでいくわけですね。走るってけっこうエネルギー使いますから、それで栄養をとりいれてるってわけです。

そんな風に走っている人が使うくらい吸収が速いんですよ。お菓子の中の砂糖ってものは。あなたはべつにお菓子とかケーキをつまみながら走っているわけじゃないですよね。だったらその使いきれなかったカロリーがどこにいくのかって、もうわかってると思いますがそのままお腹の脂肪に変わってしまいます。

だから、ダイエット中は甘いものは食べるなっていわれるんですよ。

よく、子供のころの友達とかに多くいたんじゃないかと思うんですが、いわゆる清涼飲料水をふつうの水みたいに飲むやつっていましたよね。あれはかなりダメなやつですね。こうじ酵素を使っていてもそれはやめてください。

そんな風に水を飲んでる感覚でジュースとか飲んでるとまともに栄養がとれなくなってぶくぶく太ってしまいますからね。