スティックサラダみたいな生野菜をそのままぼりぼりやるのは牛じゃないんだから結構しんどいと思います。それにかなりかさばりますから量がそんなにとれない。だからそういう時は鍋にでもかけて、熱を通しておきましょう。そしたら野菜の中の水分がみるみる抜けていきますから食べやすくもなりますしかなりの量だってとることができるようになります。

さっきも話した通り、野菜は食べてもまともに消化されないわけなんですから、食べても内臓にほとんど負担はかかりません。だから、体の弱いような人でももりもり食べることができるわけです。病人が食べるごはんって野菜が中心なイメージがあると思いますがそれもそのためです。体にあんまり負担をかけたくない時にはとりあえず温野菜を食べておきましょう。そうすると幸せになれますよ。野菜の効果の一つとして肌がすべすべになるってこともあります。美容にもなるわけですから、冷蔵庫に入ってるお肉はいますぐ捨てて、牛のように野菜ばっかり食べるようにしてみてください。

まあ、実際には牛じゃないんだからこうじ酵素を飲んで野菜ばっかりバリバリ食べるってわけにもいかないじゃないですか。だから、たんぱく質とかちゃんととれるお肉も食べるようにしたほうがいいですよ。食べ過ぎたらそのまま太るに決まってますし、どうせお肉は減らしたってけっこうな量を食べているわけなんですから減らし過ぎるくらいがちょうどよかったりするんですよ。だから、その減ってしまった分を補うような意味で野菜はたくさん食べるようにしてくださいよ。こうじ酵素ばっかりも意味ないですし、普段の生活を見直さない事には結局は痩せられないってことですよ。

それも無理って人はこうするのはどうでしょうか。週に一度くらい温野菜だけで乗り切る日を作ってあとは普段の食生活に戻すってやつです。一日だけで効果あるのかどうかわからないからなんか嫌って人もいるかもしれませんが、実際はそうでもないですよ。

こうじ酵素で基礎代謝は上がるのか

周りの人でたくさん食べても全然太らないって人いませんか。あれってなぜか不思議に思ったことはないでしょうか。人によっては太れなくて困っている人って実際にいるわけで、そういう人って別に食べる量が少ないってわけじゃなくって本当に食べても食べても全く体に脂肪がつかない体質の持ち主だったりします。

ちょっとうらやましいですよね。こうじ酵素を飲んでそうなるのかって言われたらならないわけなんですが、なんでそういうタイプの人がいるかって、人の体のエネルギーの消費の仕方とふかーく関わっています。

体のエネルギーの使い方って大きくわけると3つのタイプに分けることができます。まず、ダイエットのキーワードにもなる基礎代謝。これは人が生きていくうえて最低限必要になるエネルギーのことで、何もしない状態で横になって寝てても勝手に使われていくエネルギーのことです。

何もしないでも息とかするわけで、内臓だって動かさないといけないわけなんですからその時に必要になるエネルギーのことです。これがだいたい6割くらいでほとんど占めてる。お察しのとおり、まともに痩せたいと思っているのならこうじ酵素なんか飲んでもしょうがなくってこの基礎代謝をどうにかしないことには痩せようがないわけですよ。

もう一つが活動代謝って言われているもので、これが一番なじみぶかいんじゃないでしょうか。歩いたり走ったりするのには結構なエネルギーが必要になるのは簡単にイメージできると思います。その時に使われるエネルギーがいわゆる活動代謝ってわけで、これは一日のうちにだいたい2割くらい使われると言われています。

もう一つが意外に思うかもしれませんが、食事をとった時に消費されるエネルギーのことです。これは食事誘導性代謝という難しい漢字で言われているのですが、なんかものを食べた時ってやたら体が温まってきますよね。あれって食べたものを消化したり吸収したりするのにかなりの熱が必要になってるから体がぽかぽかしてくるわけです。これがだいたい1割くらい必要になるわけで、まずまずカロリーを使ってくれてるわけなんですから、ダイエットをしている時こそ食事は一日5回くらいにわけて食べるとその分余計にカロリーを使う事できます。

週に一度ってことは、一年をとおして52日も野菜ばかり食べている日が作られることになりますよね。50日以上もあれば十分なわけで、こんな風な小さな積み重ねが痩せやすい体質を作っていくわけです。

もう一つ付け加えておくなら、運動もちゃんとしておくようにしてください。こうじ酵素だけに頼っていても意味ないですよ。