世の中にはいろんなダイエット方法があって、今日もAmazonランキングには怪しげなダイエットグッズが並んでいますね。あれってだいたいは嘘なんですけど、痩せないんですけど、昔っから言われてる痩せたいなら三食なるべくたくさんの温野菜を食べたほうがいいってのは本当です。

温野菜ってのはそのままの意味で煮たり煮たりして料理した系の例えば脂肪燃焼スープとか、おひたしとかちゃんこ鍋みたいなのがそれです。

なんでこの手の温野菜を食べるとダイエットになるのかっていくつか理由があります。なるべくならこうじ酵素も一緒にとるようにするといいかもしれません。

まず、温野菜ってほとんどカロリーは言ってません。野菜ばっかり食べてる動物は草を消化できるから草ばっかり食べているわけですが、人間はそうもいかず吸収されずにそのままトイレに流れてしまいます。だからかなりカロリーが低いわけで、ついつい食べ過ぎてしまうような人でもカロリーとりすぎってことになりにくいわけです。ダイエット中は基本的には食事の量って抜きますよね。だかたなるべく食べるかさを増やしていったほうがいいってわけですよ。

これは牛肉とかと比べるとわかりやすいんじゃないでしょうか。例えば、牛肉は100グラムとったら230カロリーくらいいってしまうわけなんですが、これがキャベツだと23カロリー。だから10倍くらいはおいしく頂けるわけです。そして野菜ってあんまり油が入ってませんよね。温野菜ってこうじ酵素と相性がよくって、生活習慣病まで防いでくれるうえにおいしくたくさん食べてもぜんぜん太らないチートアイテムなわけですよ。

アメリカで野菜ばっかり食べてる人は寿命は長いんじゃないかって調査されたことがあって、調べてみたところ本当にガンとかにかかる可能性がぐんと低くなっていたそうです。こんな風にして野菜の威力ってデータとしても出ているわけですよ。

バランスのいい食事とこうじ酵素

ちまたで良く言われているのが一日30品目の食品をとるようにしようってものです。あれって内臓に負担がかかって早死にしそうなイメージがありますが、お国が食品は6個のグループに分けてその中から食品をバランスよく選んで食べてくださいねーって言ってます。

それが理想的な食事になっているかどうかはかなり微妙ですが、こうじ酵素を飲むんならそれも参考にしといたほうがいいでしょう。
分類のしかたですが、まず糖質をたくさん入ってる食品を考えます。つぎにたんぱく質系のやつですね。大豆とか豆腐とかです。そして、脂質です。脂肪分が多く入ってるチーズとかその辺ですね。それと最後にビタミン・ミネラルとかです。

学校で習った五大栄養素がまんまって感じですが、この四つのグループから一個一個ピックアップして食べれば勝手に理想的でバランスのとれた食事になっているという仕組みのようです。これがどこまでが本当なのかはかなり疑問だったりするのですが、何も考えずに食べまくるよりかは相当ましなはずです。

体の中から脂肪を消し去るためにはなんでも考えなしにばくばく食べちゃまずいのはなんとなく察しがついていることでしょう。それでいて、痩せたいからってとにかく食事の量をひたすら減らしているようではすぐにリバウンドしてしまうので意味ないですよ。適切なものを正しい量で食べると案外すんなりと痩せることができるものです。こうじ酵素の力ばっかりに頼っているようではいつまでたってもダイエットは成功しません。

食べるという行為ひとつとっても計画的にやらなきゃダイエットなんて成功するはずもないんですよ。